Home>あはき向け書籍・個別指導>解剖学超まとめ

a1

解剖学超まとめ|概要

解剖学超まとめ
sp

書籍情報

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師用
[編集] ウエマツ創研 出版部
[価格] ¥1,000円
[仕様] A5版/48ページ
[発売] 2010/04~ 販売中

商品情報

■いつでも手にする為の「こだわり抜いた」設計があります
こんなにもコンパクトで、よくまとまっている解剖学の参考書は他にはあまりみかけない。教科書は持ち歩くには重たいし、調べるにも時間がかかる。ましてや公共の場所で開くにはちょっと気が引けるし、解剖学だけの参考書は見当たらない。これらのジレンマを解消すべく、こだわりの設計で開発された参考書。
■薄いのに内容はとても充実しています
国家試験対策にも定期テストにも利用可、工夫された編集方法により解剖学の全体構成を俯瞰することが可能、教科書にも引けを取らない充実のインデックスなど、薄くても内容はとても充実。授業中、移動中、ちょっとした合間にも、これでいつでもどこでもサッと片手に取り解剖学の勉強が可能になる。はり師きゅう師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師の学生にお勧めする解剖学の参考書。
■目次
第1章 人体の構成
第2章 運動系・骨
第3章 運動系・筋
第4章 内臓系
第5章 内分泌系
第6章 脈管系
第7章 神経系
第8章 感覚器
第9章 局所解剖
sp
a2

解剖学超まとめ|こだわり

いつでも手にするための「こだわり抜いた」設計があります

■薄型で軽量なコンパクト設計である
サイズ →【A5】
あつみ →【2.5ミリ】
おもさ → たったの【70g】!
■ページ数は少ない
本文内容はたったの34ページです。教科書の内容をぎゅっと閉じ込めてあります。調べ物にかかる時間が短縮されます。
■解剖学の構成が見える
罫線を使うことで説明文をなるべく排除し、また解剖学の構成が見えるように工夫して編集されています。
■ページはまたがない
内容を俯瞰できるよう、セクションの途中でページをまたがないように工夫して編集されています。
■図は無い
教科書にはちょっと恥ずかしい図があります、「解剖学超まとめ」には図がありませんので、これでもうパブリックスペースで勉強してもまわりの目を気にすることはありません。
■実用性重視
軽い薄いはもちろんのこと、じゃまな表紙カバーを無くしました。いつでもどこでも持ち歩いて下さい!
■One hand is free!
表紙をやわらかくしたのでくるっと丸めて片手で扱えます!片手で持てるので電車の中でも、立っていても勉強ができます!
sp
a3

解剖学超まとめ|内容

薄いのに内容はとても充実しています

■教科書準拠です
はりきゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の養成学校で使われている解剖学教科書に準拠しています。
■内容は超濃い
本文はたったの34ページなのに教科書の重要ポイントが全て凝縮されています。
■全体を俯瞰できる
凝縮されているので全体が見渡せやすいです。何を勉強しているのかがよくわかります。
■国試過去問が解ける
たったの34ページの内容ですが、これまでのあはき解剖学の国家試験問題が解けるようになっています。柔整は国試レベルに若干足りないかもしれませんが、かなりの確率で使えると思います。
■定期試験でも活躍
ポイントとなる部分はわかりやすいよう、文字を太線にしたり枠を太くしたりしていますので、もちろん定期試験でも活躍します。
■充実のインデックス
本文34ページに対し、インデックスページはなんと6ページ分、約1500語と教科書にも引けをとりません。調べる時間は教科書よりも早いです。
sp
a4

解剖学超まとめ|サンプル

サンプルページをご覧になり、内容をお確かめ下さい

sp

画像をクリックするとサンプルを
複数ページご覧頂けます(PDF)

sp
a5

解剖学超まとめ|購入

直接販売の為、書店・流通ではお求めになれません

■直販ならでは
直販ならではの中間マージンがかからず、余計なコストがかかっていません。さらに著者自身が過去エンジニア業で経験値があり版下製作コストやデザイン料がかかっていません。手頃な価格を実現しました。
■直販でのクレームはゼロ
これまで沢山の直接販売をさせて頂いた中でクレームを受けたことがありません。 クレームなし、発送ミスなし、丁寧な梱包、迅速発送、まごころ込めて責任もって販売いたしております!ご安心ください!
■ご注文方法は3つからお選び頂けます
・インターネット(通販に慣れている人は)
・メール(通販に慣れている人は)
・郵便局の払込用紙(一番簡単)
■お支払方法を選べます
・クレジットカード
・コンビニ(前払い)+150円
・代金引換(到着払い)+400円
・銀行振込(前払い)
・郵便振替(前払い)

詳しくはこちら

sp
sp

このページのトップへ